妄想SS(ショートストーリー)

2011年5月21日 (土)

今日も微妙な空模様。

おはようございます、ゆーりです。

今日は土曜日、本来ならば今日乗り切ればお休みだぜべいべーなのですが、今週は日曜出勤があるからもう一日・・・・・週末感がまるで感じられません。

空もなんだかどんよりしていて、雨が降り出してもおかしくないお天気です。

 

昨日のお仕事は夜間だけが忙しかった印象があるので、今日も同じような流れなんじゃないかなぁと心配ですね。

 

せめて雨さえ降らなければいいのですが・・・・・頑張ってきますかね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

夢現草紙、三夜。

一月ぶりの夢現草紙でございます。

もう前の話を当人が忘れるという暴挙に出てしまいましたw

読み返したら続きはちゃんと浮かんできました、よかったよかった。

 

さて、前夜でついにその姿を現した幽子(かくりね)ですが、いったい彼女は何者なのか?

彼女の言う「全ての現を夢に見る」とはどういうことなのか?

 

今回でその謎が少しは解き明かされるでしょう…タブン。

続きを読む "夢現草紙、三夜。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月25日 (土)

夢現草子(むげんぞうし) 二夜。

はい、夢現草子第二弾です。

肝心の幽子(かくりね)が出てくることすらないままだった第一話ですが、今回ではようやく登場・・・・すると思います(ぁ

妄想が妄想を呼び、自分でもどうなるかわからないくらい広がりの様相を呈してきました。

先に言っておきます、今回の部分でも全体で言うとまだOPくらいな気がします。

いつまで続くのか・・・・・w

とりあえず、第二夜をどうぞ。

続きを読む "夢現草子(むげんぞうし) 二夜。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

無題

わざわざ雨の中、歩いてコンビニまでアイスクリームを買いに行きました。

到着までに身体が冷えてアイスって気分じゃなくなりました(ぇ

でもアイスはきっちり買いましたw

そんな雨の夜、傘を指して一人歩いている間に思いついたお話・・・というかなんというか・・・・です。

続きを読む "無題"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月29日 (月)

夢現草子(むげんぞうし)

以前落書きとして投下した『幽子(かくりね)』、彼女の物語の一部です。

個人的にはこれを書き上げるためだけにもう一個ブログ立ち上げてもいいくらいの気持ちです(ヤメトケ

構成その他何にもできていませんがw

妄想が掻き消える前に少しでも残しておくのだー><

続きを読む "夢現草子(むげんぞうし)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

キミがわたしでワタシがきみで(完結するかも不明です(ぁ

はい、あれです。

神社の石段からもんどりうったまま転げ落ちて中身だけ入れ替わっちゃうあれのパクリです。

ただなんとなく思い浮かんじゃったのです。

こんな夜中に浮かんじゃったのです。

だから書くしかないのですw

そのくせ思いついた話が長くて、一回だけじゃ完結すらしないのですw

そいでは、どうぞ。

続きを読む "キミがわたしでワタシがきみで(完結するかも不明です(ぁ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

ココニイル

あー・・・・・・なんか妙な電波を受信してしまったようです。

黒マント用に怖い話を考えていたら、精神攻撃を喰らってしまいました。

あまりにも救いがなく、純粋にこの話怖いんじゃない?と思ってしまったため怪異談話にせずここでの発表とします。

最初に言っておきます、これはフィクションです。

完全に人の手によって作られた造話です。

わたしの脳内アンテナが受信したお話に過ぎません。

それをご理解のうえ、お楽しみください。

続きを読む "ココニイル"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

SE・MI2008

これは、この夏を駆け抜けた一匹のセミの物語。

誰もが耳にするあの熱いシャウトの裏に隠された、真実の姿・・・・・・・なのかもしれない。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・全ては、ネタである(ぁ

続きを読む "SE・MI2008"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月29日 (火)

魔法少女インフィニックニヴェア☆

我が妹に、愛と努力と感動の一大スペクタクルギャグ作品を所望したら、お手本と言われてしまいました。

なので色々設定を考えてみたのです。

夢想には到底使えないネタは全てお蔵入り。

なんだかそれももったいないので、ここで妄想の限りを尽くそうと思います。

後悔したい人は続きをどうぞ・・・

続きを読む "魔法少女インフィニックニヴェア☆"

| | コメント (4) | トラックバック (0)