« そらおとfinal観た・・・観たけれども・・・・・ | トップページ | 少しずつ過ごしやすくなってきた。 »

2014年8月30日 (土)

10年。

2004年8月29日午後、それがすべての始まりでした。

当時一人暮らしをしていた東京から実家に戻り、バイトも見つかりひと段落ついたころでした。

その日は前の週に発売されたPS2のガンスリンガーガールを探しに行ったはずです。

近場の店になかったので、少し足を延ばして別の市にある家電量販店へ。

わたしの知る限り、気軽に行ける距離で一番大きい店がそこでした。

しかし目当てのものを見つけることはできず、かといって折角遠出してきたのに手ぶらで帰るのはなんか負けた気がする・・・・ということで店内を物色していたわけです。

そんな時ふと手にしたものがその後のわたしの運命を決定づけることになったのです。

それがMMORPG「ラグナロクオンライン」でした。

ビギナーズパックとしてパッケージ販売されていたものを偶然手に取り、それまでネットとそこまで縁がなかったこともあったので興味もあり「ものは試しにやってみよう」と思ったのです。

帰宅後即インストール。

いろいろ調べながらキャラクターを作成しましたが、おやつを食べに自室からリビングへ。

おやつ食べてからゲーム起動。

最初に作ったキャラの適正がアコライト(僧侶)でした。

ガイドに従い試験をクリアし広大な大地へ!!!

しかしわたしは魔法使いが大好きなのです。

ということで別のスロットにもう一人キャラを作り、そちらで改めてゲームスタート。

確か最初の質問のときに、一人目の時と違う答えを選んだはずです。

でもって違う場所からのスタートに。


よし!魔法使いになるぞ!!!

そう意気込んで始めたもののMMO初体験で何をしていいのやらさっぱりわからず、とりあえず近くの敵を叩いてみる。

敵が強いのか弱いのかも何もわからない状態ですから、とりあえず手探りで死んで覚えるしかないわけです。

そうしてMOBをツンツンしてると一人のプリさんが辻支援をくれました。

その時は「おーなんかアイコンついたー」ぐらいにしか思わなかったんですがねw

その時のプリさんが今でも親交のある我が真友なわけです。

正確にはその時はただ支援をくれただけで、その後死んで転がってたわたしを手伝ってくれたバフォ騎士さんが「近くに知り合いいるから手伝ってもらうわ」と呼び出してくれたのがそのプリさんで、辻支援からわずか数十分で再会を果たすという神がかり的展開があったわけですが。


あの日、もし無事に目当てのソフトを手に入れていたら。

帰宅後、おやつを食べずにすぐにゲームを始めていたら。

ゲーム開始後、すぐに別キャラ作らずにそのまま進めていたら。

転がってるわたしを拾ってくれたのが別の人だったら。

どれか一つが欠けていたら、今のわたしはないわけです。

その後もたくさんの出会いと別れがありました。


でも、最初の出会いがなければそれもすべてなかったわけです。


そしてその出会いから10年が経過しました。

今でも仲良くしてもらっています。


10年間で1度しか顔を合わせたことのない真友。

これもまた奇妙な話ですが、それでも、彼女がわたしにとって一番大切な友であることにかわりはありません。

幾多の偶然か積み重なって生まれたこの奇跡が、願わくばこれからも続いていきますように。

10年という節目を迎え、改めてそう思う今日この頃でありました。

|

« そらおとfinal観た・・・観たけれども・・・・・ | トップページ | 少しずつ過ごしやすくなってきた。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

偶然というのは
面白いもので、ある意味
必然だったと思わされる事も
ありますね。

きっとその出会いも
必然だったのですよ!

MMORPGの底力に乾杯!

投稿: Nivea(艦長) | 2014年9月 1日 (月) 02時40分

ニヴェアちゃん>
必然?違うな妹よ!人、それを「運命」と呼ぶのだ!!
バーーーイカンフゥゥゥゥ!!!!

投稿: ゆーり(管理人 | 2014年9月 3日 (水) 17時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103188/60234027

この記事へのトラックバック一覧です: 10年。:

« そらおとfinal観た・・・観たけれども・・・・・ | トップページ | 少しずつ過ごしやすくなってきた。 »