« ひざしがまぶしいぜっ | トップページ | 休み前だっていうのに! »

2008年11月22日 (土)

ジニーさんの質問に答えてみるお話。

前の記事のコメントで、吉野家で肉を盛るときは量りを使わないのは本当ですか?という質問があったのでお答えいたします。

 

答えは・・・・・量らないです。

 

はかりで計量するのはご飯だけ、お肉は感覚で盛ります。

目安としては、お玉に肉を回しいれたときにお玉のふちが若干見える量が並盛、ふちが見えないように盛るのが大盛です。

ちなみにお肉の量は、並盛85㌘、大盛り120㌘、特盛り170㌘(うろ覚えのため確証なしw)だったと思います。

玉ねぎは並が3~4切れ、大盛りが5~6切れ、特盛りが6~8切れぐらいだったように記憶しています。

 

わたしが働いていた時は、毎日朝の人が少ない時間を見計らって1分盛りで感覚をつかんでいました。

1分盛りというのは、並5丁・大盛3丁・特盛2丁の計10丁分のお肉を持ち帰り用の容器に1分以内に盛り、その重さを量りどれだけ正確に盛れているかを調べる練習です。

 

だいたい5~6秒で1人前のお肉を盛ります。

そりゃお昼のピーク時なんか、多い時は1時間でお客さん200人以上来る日もあるわけですからいかに早く盛れるかがカギになります。

既定としては、並と大盛りは規定量より±5㌘、特盛りは10㌘までずれていてもまぁおkという考え方です。

 

そうやって日々の努力を重ねることで、手に持った感覚で何グラムずれてるかまで言い当てるレベルにまでなることは可能です。

 

こればっかりは実際にやって慣れていかないとどうにもならないですね。

 

とまあ、こんな感じの回答となりましたがいかがなものでしょw

|

« ひざしがまぶしいぜっ | トップページ | 休み前だっていうのに! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

凄いですね~?^^;人間技じゃ無いですw
確かに、おたまに乗っている量は~感に
頼る部分は私も日々の家事でありますけど
それが何100人分となると~次元が違い
ます~^^;

プラスマイナス10グラムって~^^;
一分盛りも凄いけど~この感覚も凄いです^^

やり方としては~私の感だと多分おたまに
お肉を載せて回して調整する感じなのでは?

今でも出来るのですか~?^^
試してみたい気もしますね^^w

投稿: ジニー | 2008年11月23日 (日) 18時46分

補足、おたまで回すは~量の多い時は回して
落とすのでは?と言う意味です~^^

投稿: ジニー | 2008年11月23日 (日) 18時50分

コメありにゃ~

いや、人間業ですってw
もうだいたいおたまに乗ってる肉の感覚で量があってるかどうかわかるって感じです。

そうですね~
お玉に最初に適当に肉をすくって、あとは回しいれて調整するってノリです。

今でもできるのかなぁ・・・w

投稿: ゆーり(管理人 | 2008年11月23日 (日) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103188/43194145

この記事へのトラックバック一覧です: ジニーさんの質問に答えてみるお話。:

« ひざしがまぶしいぜっ | トップページ | 休み前だっていうのに! »