« ハイビジョンの日 (今日のテーマ) | トップページ | 着信アリFainalとやらをみた。 »

2008年9月16日 (火)

サッカー場で11人死亡【コンゴ】

記事リンク:コンゴ、サッカー場で11人死亡 呪文めぐり乱闘

14日、コンゴ東部でのサッカーの試合中、劣勢だったチームのGK(ゴールキーパー)が前に出て呪文を唱えたことが原因で乱闘騒ぎになり、11人が死亡するという大騒ぎになったそうです。

コンゴには未だ根強い呪術信仰が残っており、GKが唱えた呪文もそういった呪術の類ではないかと思われます。

 

日本でも言霊信仰などが昔からあり、言葉には強い力が宿るとされてきました。

いろいろな行事の際、祝詞を読むことが多いのもその名残だといえるでしょう。

 

GKがどのような意図を持って呪文を唱えたのかはわかりません(相手を呪う呪文なのか、自分たちに勝利を呼び込むような呪文だったのか)が、結果だけを見るに最悪の方向に呪文は効力を発揮してしまった・・・・・ということなのでしょうか。

言葉って・・・・・・怖いですね。

|

« ハイビジョンの日 (今日のテーマ) | トップページ | 着信アリFainalとやらをみた。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103188/42492949

この記事へのトラックバック一覧です: サッカー場で11人死亡【コンゴ】:

« ハイビジョンの日 (今日のテーマ) | トップページ | 着信アリFainalとやらをみた。 »