« 早起きも大概にしましょうな朝。 | トップページ | スクエニ新作タイトル情報 »

2008年8月 6日 (水)

毒入り餃子、やっぱりなの・・・?

記事リンク:「天洋食品」回収ギョーザ、中国で中毒…現地混入が濃厚に

昨年末から今年1月にかけ、千葉、兵庫などで数家族が中毒症状を起こし問題になっていた「メタミドホス入り餃子」。

中国「天洋食品」からの輸入餃子であり、また、有機リン系殺虫剤メタミドホスは国内で殆ど使用されていないことから、中国での製造・出荷時に混入したのではとの見解を示し、ニュースなどでも大々的に取り上げられましたが、結局、中国当局では「原料、生産工程、輸送過程でメタミドホスが混入された状況は見つかっていない」との見方を表明。

結局原因は解明されぬまま、時とともにうやむやにされようとしていました。

ですがこの6月、事件後に天洋食品が中国『国内』で自主回収した餃子が何らかの形で流通し、それを食べた中国人に重大な健康被害が出ていたらしいのだ。

被害人数などは不明だが、調査の結果、やはり原因はメタミドホスとのこと。

これまで国内での混入を否定してきた中国だが、自国内で被害者が出た以上、中国国内での混入を視野に入れて捜査を行う必要がるのは明白。

中途半端で原因もはっきりしなかったこの事件に、ようやく進展が見られる・・・・かもしれない。

|

« 早起きも大概にしましょうな朝。 | トップページ | スクエニ新作タイトル情報 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103188/42079778

この記事へのトラックバック一覧です: 毒入り餃子、やっぱりなの・・・?:

» 福田康夫の毒餃子情報の隠ぺい工作 [罵愚と話そう「日本からの発言」]
「宰相・福田康夫論」について  このスクープを読売が、どういう経過で入手できたのはわかっていない。首相自身かその側近から「深堀するな」の指示が出ていたといううわさは、昨日の町村官房長官の記者会見ではニュースソースをあいまいにしたままの読売記者の質問だったために、完全に否定されていたが、今後もしもその信憑性が証明されれば、あの町村官房長官の発言は内閣の命とりになるおそれもある。  福田首相は日中両国の捜査が継続中だからという理由でサミットまえに伝えられた情報の隠蔽を認めている。それなら、...... [続きを読む]

受信: 2008年8月 7日 (木) 11時50分

« 早起きも大概にしましょうな朝。 | トップページ | スクエニ新作タイトル情報 »