« WONDER~時に投げる疑問符~ | トップページ | ビバ><霜月さん »

2005年9月15日 (木)

リアルを超えた非現実

9/14(水)、発表から2年の歳月を経て映像作品「ファイナルファンタジーⅦ~アドベントチルドレン~」発売。

1997年発売のPSソフト「ファイナルファンタジーⅦ」、そのEDから2年後の世界を描いた今作は、ゲームから生まれた映像作品という世界初の試みとなりました。

FFがでるからという理由でPSを買った当時、次世代機初のFFを手にしたわたしはただただその凄さに呑まれていました。賛否両論ある作品ですがいまだにイベントシーンが頭に浮かぶのですから、それだけ印象深い作品であったといえるでしょう。

店頭発売10分前から予約券片手にレジの前に陣取り、他のお客さんの邪魔をしまくり、24時販売開始を5分前に手に入れたのはもうすでに過去の話です(ぇ

予約から半年、待ちに待ったものを手に入れたわたしはもうにやけまくっていたでしょうwおそらくあの場に警察官がいたら職務質問をうけていたはず・・・。

帰ってすぐみましたよ、当然。当時の記憶を呼び覚ましてくれるキャラクター達。2年後という事でみんな成長していました。わたしたちが大人になっていったように、彼らもまた成長し、苦悩し、そして自分だけの答えを見つけていきました。

見終わった後わたしの心の中には、「頑張ったね」という励ましの気持ちと、「負けていられない」という決意に似た感情が生まれていました。

みる度に非現実の中に現実という虚像をみてしまう。彼らはたしかに生きていました。

「リアルを超えた非現実」もう彼らに会うことはないのかと思うと寂しさが胸にあふれ出す、感動をくれたこの作品は間違いなくわたしの宝物です。

|

« WONDER~時に投げる疑問符~ | トップページ | ビバ><霜月さん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103188/5950256

この記事へのトラックバック一覧です: リアルを超えた非現実:

« WONDER~時に投げる疑問符~ | トップページ | ビバ><霜月さん »